故障かな?と思ったら

故障かな?と思ったら

「ガス機器が点火しません」

  • 乾電池で点火するガス機器(ガスコンロ、小型湯沸器、赤外線ストーブ、ジャー付炊飯器)の場合、電池の能力が下がってくると「電池交換サイン」が出ていなくても新しいアルカリ電池に交換をして様子を見てください。
  • ガス給湯器の点火不良の場合、外に設置してある本体の電源コンセントを抜き差しし、リモコンの電源を入れてお湯が出るか確認してください。
  • ストーブ・ファンヒーターの場合、ガス栓が全開になっているかご確認ください。

「給湯器からお湯が出ない」

  • お湯の蛇口からお水が出るかご確認ください。 冬期にお水が出ない場合、凍結の恐れがあります。凍結防止帯の電源が入っているかご確認ください。 凍結箇所が溶けて通水されればお湯が出てきます。

「凍結防止帯」は直接100Vのコンセントに差し込んでください。電気を節約するための部品をご使用の場合、十分な電力が流れず凍結や本体故障につながる恐れがあります。それらは取り外して直接100Vのコンセントに差し込みなおしてください。

宅内のガス機器が全て使用できない場合

宅内のガス機器が全て使用できない場合はマイコンメーターの復帰方法をご覧ください。

マイコンメーターの復帰方法
ガスくさいと感じたら お引っ越しのとき
ウィズガスClub ガスと暮らしの安心運動 エネルギーを上手に使うポイント エネルギーを上手に使うポイント エネファーム パートナーズ 食育
ページ上部へ戻る