ガスヒートポンプ(GHP)

ガスヒートポンプ(GHP)

ガスエンジンで駆動するGHPは、電力消費量がとても少なく、省CO2で環境にも優しい空調システムです。

GHPとは、室外機のコンプレッサをガスエンジンで駆動し、ヒートポンプによって冷暖房をおこなう空調システムです。一般に、液体が蒸発するときには、周囲の熱を奪い、気体が凝縮するときには熱を発生します。
この性質を利用して、冷媒をコンプレッサで圧縮し、機械的に蒸発と凝縮を繰り返すことで冷暖房を行う仕組みが「圧縮式ヒートポンプサイクル」。とくにコンプレッサをガスエンジンで動かすものをGHPといいます。
ガスヒートポンプ

素早く快適な温度を実現

熱効率の高い熱効率の高いガスエンジンを利用し、ガスエンジンの排熱を効率よく活用するため運転開始後素早く温風を吹き出すのでスピーディーに暖房します。

ガスくさいと感じたら お引っ越しのとき
ウィズガスClub ガスと暮らしの安心運動 エネルギーを上手に使うポイント エネルギーを上手に使うポイント エネファーム パートナーズ 食育
ページ上部へ戻る